●安専寺の紹介

真宗大谷派に属します、村のお寺です

開基は天文10年(1541)村の惣道場(念仏道場)として創建され、後の延宝5年(1677)に真宗本廟(東本願寺)から、木仏本尊 並びに 寺号(安專寺)御免を頂きました。

本尊・阿弥陀如来立像

経典・浄土三部経

宗祖・親鸞聖人

______________________________________

住職・藤井紀安

どなたにも解り易い、仏さまのお話しを心がけています

 

 

 

______________________________________

お寺の横の「井戸」

安專寺のある村(自治会)は「井戸村」「井戸自治会」と申します

その村名、自治会名の由来となったのが、お寺の真横にある古井戸です。

由来は、大昔 村中で疫病が流行った際、ある老婆がこの井戸の底にお地蔵さんをお祀りしたところ、皆の病が治ったと言われてます。

井戸自治会では、この古井戸の底に「お地蔵さま」をお祀りし、毎年地蔵盆の前にポンプで水を抜き、底に鎮座されております お地蔵さまの御座を恵方に向きを変え、地蔵盆当日 水の張られた井戸を囲み地蔵盆のお勤めがあがります。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――